SEARCH THIS SITE.
count
+link
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
<< どこもかしこも大減水・・・の巻 | main | ダム湖底に出現した幻のトンネルの謎に迫る! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
大減水のYダムにパラダイスを求めて!!
今日は久々Kazzさんと用事があり、ついでにと午後よりYダムへオカッパリに。

現在、Yダムは工事中につき貯水率30%台をキープしている為、スロープは使用不可能。
当然ここ数ヶ月はボートはもとよりオカッパリもほぼ皆無に等しい状態ではないだろうか!?
今日の目的はズバリ!!

「前人未踏の現、最上流にパラダイスを求めて!!2007inYダム!!」



ぜんじん‐みとう【前人未踏・前人未到】
今までだれも足を踏み入れていないこと。また、だれもその境地に到達していないこと。「―の秘境」「―の記録」




まずは小手調べに美和方面へ行ってみると・・・
「お〜スゲ〜!こわ〜!」
高所恐怖症(秘)のK氏がおびえる。



そして最上流の公園に到着。
両者長靴に履き替え戦闘態勢を整える。

公園前は現在は小川になっていた。そして下流を見ると果てしなく減水した湖底が視界に入る。
ここをひたすら歩いて下り小川から本湖へと切り替わる現在の事実上のYダム最上流で至福のひと時をKazz氏と共有しようというミッションだ。
少し前にラバ男氏がチャレンジしたが、途中崖崩れ跡で身の危険を感じ、断念した経緯があるため油断は大敵だ。
ロッドを握り締め、ひたすらに、ただひたすらに期待に胸を膨らませ歩き続けた。


とりあえず左岸に旧道跡があるため、そこを通ってひたすら下る。
暫く進むと小さい橋なんかがあったりするが、ここは普段は水深数十メートルの湖底。





ひたすら歩き続けて数十分、いや、我々中年には数時間にも感じられる過酷な道のりだった。
そして・・・遂に!











前方に本湖との境目とおぼしき目的地が視界に入った!!

しかも左側にはトンネルらしきものが!!!

Yダムの湖底に沈む幻のトンネルハケーン!!
(おおげさ)

「あのトンネルを通りたい!!」
興奮したKazz氏が叫ぶ。
「もしかしてパラダイスへ通じるトンネルかっ!?」
私が返す。
二人のボルテージは最高潮に達し、足取りも速くなった!
と、その時!!

「ずぶぶぶぶー!!」

勢いよく踏み込んだ私の右足が長靴の付け根まで埋まってしまい、あわててバランスをとろうと右手を地につけた!!と思ったら右手にはタクティクスを持っていた・・・







オーマイゴット・・・


多少気にはなっていたが、ここまで来るとやはり地盤がユルい。ここから先はこの底なし地獄にハマらぬよう、一歩一歩細心の注意を払いながら進む危険極まりないミッションとなった。

そして・・・









遂に我々の目前に前人未踏、事実上の現在のYダム最上流が現れた!!!

流石にここまで来ると他の人の足跡がない!!
すると、これまでは私の踏み固めたコースを後ろから続くように歩いていたKazz氏がパラダイスを目前に我慢の限界を超え、我先にと前に歩き出した!!
ここで写真のKazz氏の左足をよくご覧になっておいて頂きたい。










今日はスピンコブラを持ち込んだKazz氏、遂に至福の時を迎えるか!!?
ここで先程の写真を思い浮かべながらもう一度Kazz氏の左足に注目して頂きたい。
無造作にまくりあげられたジーパンの下に素足が見えるではないか!w



そう、まさにこの周辺はアリ地獄底なし沼状態なのであった!!!
そしてKazz氏はその餌食となってしまった・・・w
一歩間違えれば天国と地獄。身の危険を感じながらのアプローチだった。

数メートル先から、ストン、と深くなりおおよそ手前で2m〜数十メートル沖で5〜6mの水深だろうか。
小川にはエビなどのベイトも確認でき、正に一発ゴーマル、いやロクマル狙いのパラダイスになっているに違いない!!



Kazz氏は中央寄りの川の流れが一番入り込むポイントを。
そして私は左岸の岩盤の際をフットボールで攻める!!!


さあ、いよいよ至福の時をむかえるのか!!?

衝撃の後編に続く!!
| 弥栄ダム釣行 | 18:56 | comments(9) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:56 | - | - |
コメント
前人未踏の前ふりですね!
これは後編がかなり期待できますね。
| キタ | 2007/03/18 10:10 PM |
お疲れ様です!
とても40前後コンビの行動とは思えませんね(笑)
もちろん結末はビッグバスですよね・・・?
続き楽しみにしておきます!
| フージー | 2007/03/18 10:11 PM |
お疲れさんでした。
疲れましたね〜(^^ゞ
一人じゃ危険だし、まず行かないですよね〜
でも感動しました!
| Kazz | 2007/03/18 11:02 PM |
お疲れ様でした。
1人でタックル持たずに突撃しました。(笑)
もちろん、足が埋まりかけたところで退却しましたが・・・。
| ラバ男 | 2007/03/18 11:42 PM |
お疲れ様でした。
ハラハラドキドキの釣行ですね!?
泥まみれのタクティクス・・・綺麗になりましたか?リールまで行かなくて良かったですね・・・(^-^;
未知なるトンネル・・・あの奥には何が??
そして釣果は・・・?

後編が気になりますね〜
| TFJ | 2007/03/19 7:19 AM |
お疲れ様でした!
しかし、過去最高の減水じゃないですか!
よくあそこまで歩きましたね(笑)
いいルアーとか落ちてなかったです?
後編!期待してます!!
| シェイカー | 2007/03/19 9:57 AM |
凄いです!。日本とは思えないこの景色!。
アメリカのグランドキャニオンみたいです、行った事ないけど。
早く続編見たいです。
どんなオチ?か至福の時間が待ってるのか楽しみですね。
| daisuke | 2007/03/19 3:17 PM |
僕もこんなのしたいっす!
釣れんくてもワクワクしますよね。

最上流って人が入ってなかったら
ほとんどデカイのが釣れたも同然の
よーな気がしますもん。
| スパイク | 2007/03/19 6:26 PM |
キタさん>前代未聞、前人未到の物語です。
フージーさん>私はまだ40には遠いですよ(汗)
Kazzさん>湖底を歩くなんて初めての体験で楽しかったですね。また他のダムも行ってみたいですね(笑)
ラバ男さん>あそこは長靴必須ですね。ほんまに一歩間違えたらズブズブいきますからね。
TFJさん>ロッドはきれいきれいに洗いましたが微妙に茶色くなってます(泣)
シェイカーさん>ルアーは案外落ちてなかったですね。安物スピナベが数個ありましたが。kAZZさんが拾ってましたよ(笑)
daisukeさん>今夜はいよいよ幻の湖底トンネルの謎に迫りますよ!(笑)
スパイクさん>今度一緒に探検しましょう!!!
| R | 2007/03/19 6:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shiroobi.jugem.jp/trackback/202
トラックバック